横浜の格安・安心・丁寧な車検サービスを紹介

HOME » 様々な車検の種類 » 自分で車両を持ち込む場合

自分で車両を持ち込む場合

手数料が掛からないのが特徴

ユーザー車検(自分で車両を持ち込むこと)は、とにかく車検を安く済ませたい人にお勧め。
自分で車を整備し、自分で陸運支局に持って行って、継続検査を受けて車検を通す方法なので、費用が「諸経費」と「検査手数料」のみで済みます。
その為、業者への手数料はかかりません。
ここでは、そのユーザー車検について解説していきます。

ユーザー車検のメリット・デメリット

最近は、ユーザー車検代行業者による、超格安広告が目立つようになってきました。
この代行業者のサービスも含めて、ユーザー車検とは、最低限の安全基準を満たしているかどうかを検査する「車検のみ」を言います。
その為、自動車所有者に義務付けられている「法定点検」とは別物。

通常、車検会社では「車検」とセットになっている「法定点検」も行いたい方は、別に整備事業者に依頼しなければなりません。が、整備事業者の料金設定は割高に設定されています。
その為、整備事業者に頼んでしまうと「車検費用が安く済む」という利点が少なくなってしまいます。
最悪の場合、車検会社に依頼する場合に比べて、余計に費用が掛かってしまう事も…。

また、費用がかさんでしまう場合の注意点として、車検に引っ掛かかり、再検査に持ちこまなければならないケース。
自分でメンテナンスが出来ない場合、料金が比較的高めな修理業者を利用しなければならず、手間がかかる上に必要以上に費用がかかってしまうというデメリットがあります。

ユーザー車検は、比較的状態の良い車で臨むのが良いのかもしれません。
検査にスムーズにパスすれば、車検屋に依頼するよりも、安く済ませられますからね。