横浜の格安・安心・丁寧な車検サービスを紹介

HOME » 気になる車検費用の内訳 » リサイクル料

リサイクル料

2005年1月からスタートした「自動車リサイクル法」
このリサイクル法の対象車両には、自動車、軽自動車が含まれており、自動車所有者の方が、1つの車に対して原則1回支払わなければなりません。
このページでは、リサイクル法に関して詳しくまとめてみました。

支払うタイミングは、新車購入時、または廃車時のいずれかとなり、それぞれのメーカーで定めたリサイクル料金が必要になります。

また、2008年1月31日までの間に、リサイクル料金が未預託の場合は、継続検査(車検)時に支払う事になります。

リサイクル料金ってどれくらい?

リサイクル料金は、車種やエアバックの個数、エアコンの有無などによって変わってきます。
自動車にかかる大体のリサイクル料は、以下の通りになります。

  • 軽・小型乗用車→7,000円~16,000円程度
  • 普通乗用車→10,000円~18,000円程度

※注意点1:中古車のリサイクル料
中古車として車を売却する際、すでにリサイクル料金を支払っている場合は、売った相手から支払ったリサイクル料金を受け取ることができます。
また、売主がリサイクル料金を払っていない場合、買主が廃車時に支払うことになります。

※注意点2:リサイクル料金支払い後
リサイクル料金を支払った場合には、支払いを証明するためにリサイクル券(預託証明書)が発行されます。
このリサイクル券は、販売店等の他、運輸支局や軽自動車協会で発行されます。
リサイクル券は、車検時や売却時に必要になるので、大切に保管しておきましょう。

リサイクル法施行の背景

日本では、1年あたり約360万代もの車が廃車になっています。
車1台あたりのリサイクル率は、鉄・アルミなどの金属が使用されている為、80%と高めです。
ただ、埋立処分スペースが減少し、埋立て処分費用の高騰したことによって、残り20%の処分が問題視されるようになったのです。

車の廃棄処分には、シュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るゴミ)やカーエアコンの冷媒に利用されるフロン類の処理、エアバックの適正処理など、多くのコストと専門的な技術が必要になります。

そこで、不法投棄・不適正処理の改善策として打ち出されたのが、「自動車リサイクル法」。
自動車メーカー,輸入業者などの関連事業者だけでなく、ユーザー自身が廃棄処分にかかる費用を負担するよう、義務付けられたのです。